お葬式は故人への愛や気持ちがあふれる場所

お葬式は故人への愛や気持ちがあふれる場所

お葬式には「人の死」が関わるため、どうしてもイメージが暗くなりがちです。確かに愛する人がこの世からいなくなり、永遠に会えなくなってしまうのですから、悲しいですよね?暗く、どんよりとした空気がお葬式には漂いがちです。
 
お葬式で大切なことは、故人への気持ちをしっかりと伝えることです。「今までありがとう」「おいしかった」「たのしかった」「またいっしょに飲みに行きたかった」「またいっしょに勝負したかった」などなど、お葬式の場には、「悲しい」以外にもたくさんの「愛」や「気持ち」が漂い、そしていつしかお葬式の雰囲気の中に溶けていきます。仏式であろうと、神式であろうと、はたまたキリスト式であろうと、参列者の「気持ち」が場を作っていくのです。
 
お葬式には愛と気持ちが詰まっている
愛と気持ち。お葬式にはさまざまな感情があると思いますが、やはりこの感情そのものがお葬式の雰囲気を作っているのだと思います。感情という目に見えない、そして手で触れることのできないものは、場の空気を構成する要素になります。もちろん「香り」「音」「光」などの要素も、我々の感受性を刺激します。
 
お葬式でナーバスになってしまう
我々は、葬儀などで過度に感受性を刺激されるとナーバスになり、普段通りに行動することができなくなります。
 
現在、インターネットには、ひじょうにありがたいことに、お通夜や葬儀の際の挨拶の仕方や香典の表書きの書き方など、葬儀に関するたくさんの情報があふれています。葬儀は結婚式ほど頻繁に出席する祭礼ではないこともあり、なかなか作法が身につかないものです。
 
ただ、これらのウェブサイトを見て、香典の金額や焼香の作法などは分かっても、お悔やみを述べるときの「気の持ちよう」、そして立ち振る舞いについては、それ程書かれていません。いや、書かれていないと言うよりは、気持ちが高ぶってしまうと、たとえ練習を繰り返していたとしても、なかなか本当の気持ちを伝えられなくなってしまうのです。難しいですよね。
 
でも、それは多くの人に共通することです。個人的には、気持ちが高ぶってしまい、言葉が出てこないのであれば、なんとかがんばって一礼だけすればいいと考えています。遺族、故人、そして参列される方には必ず通じます。

 
東京・神奈川・千葉・埼玉・大阪・兵庫で葬儀・葬式

東京の僧侶派遣

お坊さん派遣 東京

お坊さん派遣 千葉

戒名・戒名授与